泥棒は入りやすい家を狙います②

印藤です。前回は、

『日没後に家が真っ暗だと、泥棒に狙われやすい』

ということをお話ししました。

明らかに留守だとわかるからです。

泥棒も、できるだけ『楽して安全に』仕事がしたいのです。

防犯意識の高そうな家よりも、

隙だらけに見える家が狙われやすいというのが今回のテーマです。

夜、浴室の窓を開けたまま寝ていませんか?

トイレの窓や、2階の窓を開けたまま出掛けることはないですか?

このような家は、泥棒からは『他にも施錠していない窓があるかもしれない』

と見られます。

『空き巣』の約37%は、鍵のかかっていない窓やドアから侵入します。

ちなみに、夜中寝静まってから侵入する『忍び込み』では約69%、

ベランダで洗濯物を干している隙などを狙って侵入する『居空き』では約78%まで

その割合は高くなります。

(平成29年・警察庁の統計から)

たとえ近所に買い物に出掛けるときでも、

留守にするときには、全ての窓を閉めて施錠すること。

家に居るときでも、玄関の鍵と、少なくとも1階の窓は施錠すること。

寝るときには全ての窓を閉めて施錠することで、これらの侵入は防ぐことができます。

留守宅の『空き巣』で最も多い手口は、ガラス破りの約43%です。

普通のガラス(ペアガラスや網入り硝子も同じ)は、簡単に割れます。

庭に園芸用のスコップや草抜きを出しっ放しにしていると、

ガラス破りの道具に使われることがあります。

庭が荒れ放題で、これらの道具や脚立などが出しっ放しの家は、

かなり用心が悪いと言わざるをえません。

(次回に続きます・・・)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『24時間365日、無料でインターネットにつなぎ放題』

『HPからのお問い合わせで仲介手数料無料』

のお部屋もあります。

伊丹市でのお部屋探しは

地域専門店、三福不動産のHP をチェックしてください!

投稿日:2018/11/08   投稿者:印藤 雅典