平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る㉖ | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

営業時間9:00~18:30定休日毎週水曜日及び第1・第3火曜日

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ
平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る㉖

平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る26回です。

世間はすっかり連休ムードですね。宅地建物取引士試験勉強中の皆さんの過ごし方はどうなのでしょうか?

 

 

問30 宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)は、Bが所有する建物について、B及びCから媒介の依頼を受け、Bを貸主、Cを借主とし、1か月分の借賃を10万円(消費税等相当額を含まない)、CからBに支払われる権利金(権利設定の対価として支払われる金銭であって返還されないものであり、消費税等相当額を含まない)を150万円とする定期建物賃貸借契約を成立させた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1.建物が店舗用である場合、Aは、B及びCの承諾を得たときは、B及びCの双方からそれぞれ10万8,000円の報酬を受けることができる。
2.建物が居住用である場合、Aが受け取ることができる報酬の額は、CからBに支払われる権利金の額を売買に係る代金の額とみなして算出される16万2,000円が上限となる。
3.建物が店舗用である場合、Aは、Bからの依頼に基づくことなく広告をした場合でも、その広告が賃貸借契約の成立に寄与したときは、報酬とは別に、その広告料金に相当する額をBに請求することができる。
4.定期建物賃貸借契約の契約期間が終了した直後にAが依頼を受けてBC間の定期建物賃貸借契約の再契約を成立させた場合、Aが受け取る報酬については、宅地建物取引業法の規定が適用される。


 

選択肢1番

まず、こちら↓

第四十六条 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
2 宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。
3 国土交通大臣は、第一項の報酬の額を定めたときは、これを告示しなければならない。
4 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、第一項の規定により国土交通大臣が定めた報酬の額を掲示しなければならない。

そして、告示はこちらを見てください。↓

http://www.mlit.go.jp/common/001213871.pdf(宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受け取ることができる報酬の額)以下、「報酬額」とします。

 

報酬額第4によると、B、C双方から受け取る額の合計額は、10万円の1.08倍です。ですから、B、C合わせて10万8,000円です。

従って選択肢1番は「誤り」です。

 


選択肢2番

問題文を見ると、「建物が居住用である場合、Aが受け取ることができる報酬の額は、CからBに支払われる権利金の額を売買に係る代金の額とみなして」とありますが、報酬額第6が当てはまるのは、建物が居住用以外の場合です。建物が居住用の場合は、この考え方は使えません。

よって、選択肢2番は「誤り」です。

因みに、もし、この選択肢が店舗用建物であった場合はどうなりますでしょうか?その場合は、「CからBに支払われる権利金の額を売買に係る代金の額とみなして算出」することが可能です。

また、その場合の計算は、報酬額第2を見てください。

1,500,000円×5.4/100=81,000円

これをB、C双方から貰えますので、合計は162,000円ですね。

 

 

選択肢3番

報酬額第9の①をご覧ください。 これによりますと、問題文は、「Bからの依頼に基づくことなく広告をした場合」とありますから、いくら「その広告が賃貸借契約の成立に寄与した」としても「報酬とは別に、その広告料金に相当する額をBに請求する」ことができません。

選択肢3番は「誤り」です。

 

 

選択肢4番

何か根拠となるようなことがあるのか探していたら、こちらが見つかりました↓

http://www.mlit.go.jp/common/001229686.pdf(宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方)

これのP38の「4 定期建物賃貸借の再契約に関して受けることのできる報酬の額について」をご覧ください。

選択肢4番は「正しい」です。

 

 

この問題は「正しい」ものを選択するので、正解は選択肢4です。

今回はこれで終了です。

 

投稿日:2019/05/02   投稿者:野口 大輔