平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る㉚ | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ
平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る㉚

平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る第30回です。


 

問34 宅地建物取引業者が媒介により既存建物の貸借の契約を成立させた場合、宅地建物取引業法第37条の規定により、当該貸借の契約当事者に対して交付すべき書面に必ず記載しなければならない事項の組合せはどれか。

ア.瑕疵担保責任の内容
イ.当事者の氏名(法人にあっては、その名称)及び住所
ウ.建物の引渡しの時期
エ.建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者双方が確認した事項

1.ア、イ
2.イ、ウ
3.イ、エ
4.ウ、エ

 

 

まず、

宅地建物取引業者は、宅地又は建物の貸借に関し、当事者を代理して契約を締結したときはその相手方及び代理を依頼した者に、その媒介により契約が成立したときは当該契約の各当事者に、次に掲げる事項を記載した書面を交付しなければならない。(宅地建物取引業法第37条2項)
一 前項第一号、第二号、第四号、第七号、第八号及び第十号に掲げる事項
二 借賃の額並びにその支払の時期及び方法
三 借賃以外の金銭の授受に関する定めがあるときは、その額並びに当該金銭の授受の時期及び目的
 
とあります。次に37条1項の一号、第二号、第四号、第七号、第八号及び第十号を見ます。
一 当事者の氏名(法人にあつては、その名称)及び住所
二 当該宅地の所在、地番その他当該宅地を特定するために必要な表示又は当該建物の所在、種類、構造その他当該建物を特定するために必要な表示
四 宅地又は建物の引渡しの時期
七 契約の解除に関する定めがあるときは、その内容
八 損害賠償額の予定又は違約金に関する定めがあるときは、その内容
十 天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容
 
 

上記を見ると

ア.瑕疵担保責任の内容
イ.当事者の氏名(法人にあっては、その名称)及び住所→必ず記載しなければならない
ウ.建物の引渡しの時期→必ず記載しなければならない
エ.建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者双方が確認した事項

 

必ず記載しなければならない事項の組合せは「イ、ウ」ですから、2番が正解です。

 

今回はこれで終了です。

投稿日:2019/05/20   投稿者:野口 大輔