荻野徹底研究① 荻野の由来① | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

営業時間9:00~18:30定休日毎週水曜日及び第1・第3火曜日

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ
荻野徹底研究① 荻野の由来①

久しぶりの投稿になります。皆様いかがお過ごしでしょうか?今月は3連休が2回もありますね。それに少し暑さも和らぎました。家族揃って行楽地にお出かけのことでしょう。

さて、突然ですが、弊社は伊丹市荻野にあります。荻野ってどんなところなのでしょうか?それをこれから探っていきたいと思います。荻野のことなら何でも探っていきます。ネタが続くのか心配になります。小ネタなど、地元でしか分からない話題などもアップしていきたいと思います。

荻野の歴史は、今から遡ること384年前、寛永12年に荒牧村から独立して誕生しました。この頃は、江戸時代で江戸幕府の将軍は徳川家光になります。

荻野の地名の由来は諸説あるようですが、荻野の辺りには「昔、荻が茂っていたから」という説と「扇を広げたような地形だから」という説があるようですが、よく分かっていないようです。地図を見ても扇を広げたようにはみえませんので、荻が茂っていたから説を支持したいと思います。

ちなみに荻とはススキのような感じの植物のようです。これなら、普通にどこでも生育してそうですね。

現在の荻野5丁目から7丁目の付近は、中、東、北、巽宅地という住宅地が広がっていました。現在、確かにこの辺りは、古く大きい家が沢山残っており、区画もすっきりしないので、当時の住宅地に住んでおられる方の子孫が今も住んでいらっしゃるのかもしれません。

現在、荻野2丁目には荻野小学校があります。荻野、大野、東野にお住まいのお子様が通学されていますが、弊社の前も荻小の生徒さんが沢山通ります。話を戻しますが、荻野小学校の場所は昔、コモ池という地名でしたが、その名のとおり池があったようです。

今回の投稿については、荻野センターの前の看板を参考にいたしました。写真をアップしておきます。同様の看板が伊丹市内にはありますので、そういうものも紹介できたらと思います。今回はこれまで。

投稿日:2019/09/23   投稿者:野口 大輔