容住寺 | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ
容住寺

前回のブログで容住寺が出てきましたので、今回は、これについて書きたいと思います。

国道176号線から天王寺川を北に少し行くとその寺はあります。

寺の前にある看板には次のとおり書かれてありました。

 

聖徳太子ゆかりの地 容住寺

 市内で唯一の天台宗のこの寺は、聖徳太子が開祖

と伝えられている。

 寺の縁起によると太子が大阪の四天王寺から中山

寺へ向かう途中、荒牧の地で松に馬をつなぎ、柳の

下にあった大石に腰を掛けて休息した。このとき、

霊感をうけ「われこのときに容(かたち)を住(と)め置きたし」と容

住寺を建てたという。

 本尊は十一面観音で、太子十六歳の像も安置され

ている。

 境内には現在も「太子腰掛け石」があり、門前には

「駒繋の松」の碑が建っている。

 ほかに、太子が名香を薫じたという「香の藪」の跡

地の碑が天日神社東側に建っており、諸人に仏の道

を説いたという川辺にちなんで名付けられた「戒の

川」が天神川として現在も流れている。

 また、太子の休憩中、愛馬が草原を開拓したとい

われる「馬田」が、小字名として現在も残っている。(原文ママ)

 

ちなみに「馬田」は現在はありません。

なお、本文に出てきます「木造十一面観音坐像」は伊丹市の有形文化財に指定されていますが、一般公開されているかどうかは分かりません。

 


投稿日:2022/04/04   投稿者:野口 大輔