日記 2019年11月 | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

営業時間9:00~18:30定休日毎週水曜日及び第1・第3火曜日

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

マイホームのご相談を受けたら、

まず初めに資金計画についてお話を伺います。

ほとんどの方が住宅ローンを利用されますが、

変動金利と固定金利のどちらを予定しているかお尋ねすると、

「変動金利」との答えが半分、「どちらとも決めていない」

という方が半分。

「固定金利」と決められている方は、ごくわずかです。

条件が整えば、0.5%以下の金利でスタート可能なので、

変動を選ばれる方が多いのもわかります。

全額借入、ボーナス払いなし、月々92,800円~!!

今のお家賃と比べてください!!

不動産の広告で、よくこのような返済例の記述を見かけますが、

ほぼ間違いなく、変動金利で計算しています。

最近ローンを組んだ先輩や友人がそうだったから

という理由で変動金利を考えている方もおられます。

現在、変動金利の「店頭金利」(住宅ローンの基準となる金利)は、

多くの銀行で2.475%となっています。

ここから金利優遇と称して、各行金利をディスカウントしているわけですが、

基準となる店頭金利そのものは、ここ20年以上ほとんど動いていません。

しかし、これから30年ないし35年のローンを組むにあたって、

このままの水準が続くと考えるのは危険だと、私は思います。

バブルの頃は、年8.50%という、今では信じられないくらい高い金利でした。

さすがにここまで上がることはないと思いますが、

では、いつ頃、どれくらい上がると予想すればいいのでしょうか?

残念ながら、私にはわかりません・・・。

バブル崩壊後の長いデフレ時代しか知らない若い方は、

物価が右肩上がりに上がり続ける、ということはあり得ないことと思われるかもしれません。

例えばアパートマンションの家賃ですが、金利と同じく、最近20年だけを見るとほとんど同じか、

むしろ下がっています。

しかし昭和50年を100とすると、平成28年も約2倍の水準となっています。

(ちなみに、昭和50年(1975年)の大卒初任給は89,300円)

もし今後、仮に年平均1%家賃が上がるとすると、

10万円の家賃は30年後に約13.5万円(1.35倍)になります。

1.5%なら約15.6万円(1.56倍)です。

果たして30年後の物価や金利は、どうなってるんでしょうね・・・。


投稿日:2019/11/10   投稿者:印藤 雅典