日記一覧 5ページ目 | 伊丹市周辺の不動産をお探しなら三福不動産株式会社にお任せ下さい。

三福不動産株式会社

営業時間9:00~18:30 定休日毎週水曜日及び第1・第3火曜日

 ※弊社サイトは、お客さまの個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

 

 

日記

DIARY

「ことば蔵」ってご存知ですか?

伊丹市宮ノ前3丁目ににある猪名野神社の南側にある市立図書館で、

市内に5箇所ある図書館のシンボル的存在になっています。

(このほかに図書館神津分館、図書館南分館、図書館北分館、図書館西分室があります。)

図書館ですので本を読んだり、借りたりすることはもちろんのこと、

ほかにもさまざまなイベントが開催されています。

詳細については「ことば蔵」ホームページでご確認ください。

場所

 〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前3丁目7番4号

開館日時は下記の通りとなります。

火曜日から金曜日

 午前9:30から午後8:00まで

土日祝

 午前9:30から午後6:00まで 

月曜日

 休館日

第一木曜日

 図書フロアのみ図書整理日につきお休み

イベントは展示企画や読み聞かせ、リトミックなど小さなお子様を抱えるご家庭には

楽しめる内容のものが多いようです。

ほんの予約やリクエストも行なえますので読みたい本があればこういったものを

利用するのも一つの方法です。

活字離れが進んでおられるという方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

新たな再発見ができるかもしれません。

※参考出展「アイラブイタミBOOK」 発行元 伊丹市総合政策部空港・広報戦略室都市ブランド・観光戦略課

投稿日:2018/12/08   投稿者:西村 洋史

おしゃれな輸入住宅のアパートです。

https://www.0329.co.jp/rent/detail/280128-10143-202

39㎡の1LDK、ひとり暮らしには贅沢な広さかもしれません。

システムキッチン、ウォシュレット、エアコン2台付です。

敷金5万円、礼金5万円、家賃6万5千円、共益費2千円。

駐車場も小型車なら5千円です。

室内ドアやクローゼットの扉は木製で重厚感があります。

ホームページからのご成約なら仲介手数料も無料です!

広めでおしゃれなお部屋をお探しの方は、

ぜひ一度ご覧になってください!

※ノンスモーカーの単身者専用です。予めご了承ください。

ビューテラス春日丘202号 https://www.0329.co.jp/rent/detail/280128-10143-202


投稿日:2018/12/06   投稿者:印藤 雅典

平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る第5回目です。問6はこんな問題でした。

問6 Aが所有する甲土地上にBが乙建物を建築して所有権を登記していたところ、AがBから乙建物を買い取り、その後、Aが甲土地にCのために抵当権を設定し登記した。この場合の法定地上権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1.Aが乙建物の登記をA名義に移転する前に甲土地に抵当権を設定登記していた場合、甲土地の抵当権が実行されたとしても、乙建物のために法定地上権は成立しない。


2.Aが乙建物を取り壊して更地にしてから甲土地に抵当権を設定登記し、その後にAが甲土地上に丙建物を建築していた場合、甲土地の抵当権が実行されたとしても、丙建物のために法定地上権は成立しない。


3.Aが甲土地に抵当権を設定登記するのと同時に乙建物にもCのために共同抵当権を設定登記した後、乙建物を取り壊して丙建物を建築し、丙建物にCのために抵当権を設定しないまま甲土地の抵当権が実行された場合、丙建物のために法定地上権は成立しない。


4.Aが甲土地に抵当権を設定登記した後、乙建物をDに譲渡した場合、甲土地の抵当権が実行されると、乙建物のために法定地上権が成立する。

規定を見ましょう。「土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、その土地又は建物につき抵当権が設定され、その実行により所有者を異にするに至ったときは、その建物について、地上権が設定されたものとみなす。この場合において、地代は、当事者の請求により、裁判所が定める。」(民法第388条)

とあります。

① 土地と建物がある状態で、② 土地と建物が同じ所有者の時に、③ 土地、建物(一方又は両方)に抵当権が設定され、④ 抵当権が実行されて ⑤ 土地と建物の所有者を異にする状態になったら法定地上権が成立する、ということです。

選択肢1番を見ていきましょう。「Aが乙建物の登記をA名義に移転する前に甲土地に抵当権を設定登記していた場合」とありますが、このような判例があります。「土地およびその地上建物の所有者が建物の取得原因である譲受につき所有権移転登記を経由しないまま土地に対し抵当権を設定した場合であつても、法定地上権の成立を妨げない。」(最判昭和48年9月18日[事件番号:昭和45(オ)989])とあります。AがBから乙建物を買い取っていますから、登記をしなくても乙土地はA所有です。甲土地、乙建物もA所有の状態で甲土地に抵当権を設定したというのですから、法定地上権は成立します。選択肢1番は「誤り」です。

選択肢2番を見ていきましょう。「Aが乙建物を取り壊して更地にしてから甲土地に抵当権を設定登記」とあります。甲土地はA所有、建物は無しの状態で甲土地に抵当権を設定したというのですから、①の要件を欠きました。抵当権が実行されても法定地上権は成立しません。選択肢2番は「正しい」です。

選択肢3番を見ていきましょう。このような判例があります。「所有者が土地及び地上建物に共同抵当権を設定した後右建物が取り壊され、右土地上に新たに建物が建築された場合には、新建物の所有者が土地の所有者と同一であり、かつ、新建物が建築された時点での土地の抵当権者が新建物について土地の抵当権と同順位の共同抵当権の設定を受けたなどの特段の事情のない限り、新建物のために法定地上権は成立しない。」(最判平成9年2月14日[事件番号:平成7(オ)261])とあります。乙建物を取り壊し、丙建物を建築後、丙建物にCの抵当権を設定しないまま甲土地の抵当権が実行されたのですから、法定地上権は成立しません。選択肢3番は「正しい」です。

選択肢4番、上記①、②、③が成立し、④になる前に乙建物がDに譲渡されましたが、法定地上権は成立します。選択肢4番は「正しい」です。

この問題は、「誤り」を選ぶのですから、正解は1番です。

法定地上権の判例はかなりあるようです。判例は、裁判所の裁判例情報のHPで検索しています。http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/search1

第5回目はこれで終了です。

投稿日:2018/12/04   投稿者:野口 大輔

平成30年度宅地建物取引士試験を振り返る第4回目です。

前回2問やりましたが、民法を早く終わらせたいですね。問5はこんな問題でした。 

 

問5 Aは、隣人Bの留守中に台風が接近して、屋根の一部が壊れていたB宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあったため、Bからの依頼なくB宅の屋根を修理した。この場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1.Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない。

2.Aは、Bからの請求があったときには、いつでも、本件事務処理の状況をBに報告しなければならない。

3.Aは、B宅の屋根を善良な管理者の注意をもって修理しなければならない。

4.AによるB宅の屋根の修理が、Bの意思に反することなく行われた場合、AはBに対し、Aが支出した有益な費用全額の償還を請求することができる。

 

事務管理の問題ですね。選択肢1番から見ていきましょう。

民法の事務管理の章に報酬に関する規定は無いみたいですね。

報酬はどんなときに発生するのでしょうか。例えば、

雇用契約「雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。」(民法第623条)

請負契約「請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」(民法第632条)

委任契約「委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。」(民法第648条)

とあるように、報酬は、双方に契約などの約束事があるときに発生するのでしょうか。専門的なことは法律家の方々にお任せするとして、報酬を請求できるという規定は無いので選択肢1番は「正しい」です。

選択肢2番を見てみましょう。

「第六百四十五条から第六百四十七条までの規定は、事務管理について準用する。」(民法第701条)とあり、「受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。」(民法第645条)とありますので、Bから請求があれば、AはBに事務処理の状況を報告しなければなりません。選択肢2番は「正しい」です。

選択肢3番を見てみましょう。

問題文に「B宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあった」とあります。民法の規定には、「管理者は、本人の身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるために事務管理をしたときは、悪意又は重大な過失があるのでなければ、これによって生じた損害を賠償する責任を負わない。」(民法第698条)とありますのでAは善管注意義務を負いません。選択肢3番は「誤り」です。

最後、選択肢4番です。

規定を見てみましょう。「管理者は、本人のために有益な費用を支出したときは、本人に対し、その償還を請求することができる。」(民法第701条1項) とありますので、選択肢4番は「正しい」です。

選択肢4番ですが、「Bの意思に反することなく行われた場合」とありますが、そのような断り書きがあるのは、「管理者が本人の意思に反して事務管理をしたとき~」の規定が民法第701条3項にあるからでしょう。

この問題は「誤っている」ものを選ぶので、正解は選択肢3番です。

第4回目はこれで終了です。

投稿日:2018/12/03   投稿者:野口 大輔

最近皆さんは夜空を見上げていますか?

深夜から明け方にかけておおいぬ座(北斗七星でおなじみですね)のシリウス、

こいぬ座のプロキオン、そしてオリオン座のベテルギウス、3つの恒星をつないだ

冬の大三角をみることができます。

そんな四季折々の星々のきらめきを快適のご覧いただけるのが

「伊丹市立こども文化科学館」です。

こちらにもマスコットキャラクターがおり、「ひょんたん」という名前だそうです。

この子ども文化科学館の最大の特長は、著名なプラネタリウム開発製作者である

大平貴之氏によって開発されたレンズ式移動型プラネタリウム「MEGASTAR-ⅡB」が

導入されているところでしょう。

なんと再現できる恒星数は約500万個で、補助投影機によって太陽や月、5惑星などが

ドーム型天井に美しく映し出されます。

通常上映されているレギュラー投影のほかに、毎週土曜日の午後4時15分から始まるトワイライト投影、

日曜、祝日の10時(8月中は土曜日、平日も)からのちびっ子投影なども行なわれています。

そのほかに体験型展示のある1階常設展示室やその時々の企画展のある2階特別展示室など

みて、触れて、体験できる学習型施設となっています。

こちらには駐車場がありませんので、バスをご利用されることをおすすめします。

(「神津」バス停下車すぐ)

住所

 〒664-0839 兵庫県伊丹市桑津3丁目1番36号

開館時間

 午前9時から午後5時15分まで(最終入館は午後4時45分)

休館日

 毎週火曜日(祝日の場合は開館)

 祝日の振替日、プラネタリウムの番組入れ替え期間、年末年始

 (くわしくはホームページカレンダーでご確認ください。)

 

※参考出展「アイラブイタミBOOK」 発行元 伊丹市総合政策部空港・広報戦略室都市ブランド・観光戦略課

 

 

 

 

投稿日:2018/12/01   投稿者:西村 洋史